Monthly Archives: 12月 2015

腕時計の調子が悪い

出勤時に駅への道を急いでいると、トロそうな小学生男子がてくてく歩いては立ち止まり、歩いては立ち止まりしていた。遅刻とか気にならないらしい。よくみると、ランドセルの蓋が開いている。オジギをしたら背中のものがドシャーっとこぼれ落ちるだろう。あれはよくない。トラウマになる。
 「おいぼうず、背中空いてるぞ」「えー?」 トロそうな反応だ。「おっちゃんが閉めてやろうか」「うん」 しゃがんで金具をくりっと回してやった。「あいがとう」と子供が言った。素直な子だ。「そんじゃな。学校に遅れるなよ」と声をかけてその場を立ち去ったが、相変わらず子供はその場でてれっとしていた。もしかしたら、友達が来るのを待っていたのかも知れない。
 「あ、これは所謂声かけ事例か?」と思ったのは、仕事場に着いてからのことだった。

 腕時計の調子が悪い。電池が無くなってきてるのだろう。近所のホームセンタのサービスカウンターに持って行ったら「この形式の時計はうちでは扱えないのでメーカー送りになります。一週間ほど」と言われたので断った。帰宅時に、ショッピングモール内の時計屋に持って行っても同じ事を言われた。
 以前交換したときは、実家近くの普通の時計屋さんで普通に交換してくれたものだったが、知らないうちにアンティーク扱いにでもなっているのだろうか。1973年製の普通のSEIKOの安物なんだけどね。実家に帰ったときにでも交換するか。

 ともあれ、自転車業界と近所のイタリア料理屋は滅びるべきであると考える次第である。

無害なエコ洗剤が今注目を浴びています。
食べ物を扱う場所だからこそいい洗剤を使います。
おそうじの時にぜひ試してみてください。

同じ産院で生まれた母子の集まり

日曜日~。同じ産院で生まれた母子の集まりに出掛けることになっていた。おじさんはいい顔はしてなかったけど若が行きたいと言ってくれたから悪い雰囲気で出掛けることにならずすんだよ。
珍しくアクシデントなく出掛けることができた。早めに行動しても何かしら起きるのが若親子なんだー。
電車とバスを使うお出かけ。だからベビーカーはなし。この選択が後でかあちゃんにとって悲劇になるとは…。
行きの電車でたま~~~~~にしかみない電車を目撃。そして何とか撮影に成功。かあちゃんは興奮。下車した大宮駅の駅員さんに写真をみせて何という電車かきいた。団体用臨時列車とのこと。ほうほう。
駅を歩いていると駅弁まつりに遭遇。新幹線お弁当があったりして~という淡い期待でのぞいたらあった~。E3、5、6、7の新幹線。かあちゃんの誘導によりつばさをゲチト。つばさにだけ窓がついてるよ~という言葉にだまされる若は単純男子ね、1300円という値段に後でかなり後悔と反省をした。窓シールはいくら分ですか~という感じ。無駄づかいはいけない。
無事にお友達宅へ。みんなで6家族集まってわらわら。よんでくれたお宅に感謝。二日連続お昼ご飯はピッツァ。若は持参のクロワッサンに手作りのおいなりさんや煮物をぱくぱく。かあちゃんもお腹いーっぱい食べた。ぶーまっしぐらだわ(^_^;)。
おやつの時、カルピスや大人のクッキーやアイス、ポップコーンがあったけど若は欲しい欲しいとならなかった。りんごをいただき満足していた。気にはなっているんだけどね…。いつまで頑張れるかしら。
時間はあっという間。かあちゃんはとても楽しかったと同時に他のことの違いもわかった。若ははしはもちろん、スプーンさえあまり使わない。エプロンを使っている。トイレなんて教えたことない。一人で遊んでいたし知的遊びも興味なし。おしゃべりはまあまあと思っていたけど、知的レベルの差に愕然。読みにくい日記になってしまい失礼しました。
こんなふうに書いたけど案外客観的なのよ。違いを知った上で若なりに大きくなればいいんだから。
ここからは脱線。新しめの友達さんもいるので。若は生後一年は殆どみえなかったし離乳食も何口か数えられる程度だったんだから。それを思えば小さく切れば常食が食べられるようになったし、歩けるようになった。それはそれは有難いこと。 その当時の日記はかなりノイローゼな内容よ(笑)。今となってはmixiでたどれないかもしれないけど。
話は戻ります。帰りの大宮駅で水色ラインが入ったスペーシアを初めてみたよ♪。若が教えてくれた。最寄り駅近くで若は爆睡。かついで帰ることになった。若は軽いけど12キロはやっぱり重い。やっぱりベビーカーで行けば良かった~。
かあちゃんはヘロヘロで帰宅。マンションの物件に引っ越しするお金を計算して、若は起きた。あーあ。若はちびまるこちゃんスペシャルを楽しんでみていた。夜ご飯はつばさ弁当。若はテンション高く嬉しそうだった。寝たのは22時半前。若は元気だなあ。

住めば都、。。

ザ・パークハウスアーバンス東五反田より引っ越して2週間……

若干、古い物件なモンで、まぁ様々と住んでみてあらためて不便な発見がしばしば………

使いにくいなぁ~家たらーっ(汗)
と思いつつの毎日ながら、まぁ慣れなきゃいかんのだろが…………

なぁ~がぁ~らぁ~のぉ~!!!!
……さすがに意味不明発見な本日………

トイレと風呂の換気扇スイッチが連動しちょる…ボケーっとした顔たらーっ(汗)

どぅにも、風呂の換気扇とトイレの換気扇が勝手に点いたり消えたりしてる気はしてたながら……

もしかしたらタイマーで勝手に切れるのかな!!たらーっ(汗)
と思うようにしてたながら、さっきやっと解った!!!!!

何で連動させちゃったんだよ!????げっそりあせあせ(飛び散る汗)
意味不明あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

贅沢かもしれないが、下調べをネットやらではしたながらも結局1日で決めなきゃいけなかった今回の住居…………

家がなかなか好きに慣れなく、のべ8年ほど住んだ博多の青ぃ家に帰りたいシンドローム

友人と遊び

数日前に、妻に友人と遊びに行きたいというお伺いをたてたところ、
急激に不機嫌になった。

自分としては、友人と遊びに行きつつ、
限られた休日を家族とちゃんと過ごすために、
友人と休日の前日夜に遊び、どこかに宿泊し、
翌朝にアルテール新宿に帰宅し、家族と一日を謳歌するという目論み。

友人は少し離れたところに住んでいるため、
遊んだり、飲酒をすると、なかなか当日の帰宅が難しいという問題もあり、
そんな相談だったのだが、妻は大そう不機嫌。

その結果、
「よその父親と比べて異常」
との罵倒。

1年のうち365日、仕事が終わると直帰し次男を風呂に入れ、
1年のうち362日くらいは次男に夕飯を食べさせ、
風呂掃除やゴミ捨てもして、
少ない休日は必ずで家族と過ごし、
欲しいモノは我慢しているのだが、
『異常な父親』に認定。

『変な人』や『変態』と言われるのなら、
喜んで受け入れるのだが、
『異常な父親』という言葉には、
がっかりし、項垂れてしまった。

『異常な父親』に認定されたのなら、
いっそのこと異常で生きてみようかしら・・・と思ってしまう。