2度目ながら…

サイトには木製のテーブルがあり、テントを広げる前にそこで手軽に食べ始めたのだが…昼間だというのに…目の前に突っ込んでくる小さな虫が絶え間なく攻撃してきて…これがかなり不快で…気になる…。刺すわけではないようなのだが…とにかく目の前に寄ってくるので、首を振っても追い払えず…やはりに二酸化炭素に寄ってくるのか…と…最後はタオルを口にまいて「過激派スタイル」で、少しは気にならなくなったが…蒸し暑いだけに…これもかなり息苦しい…。

 増強した強力蚊取り線香を焚くが…この虫にはあまり効き目がないのか、風がある屋外ではたいした範囲をカバーできないようで…あまり効果がなかった…。

 食事を終えてからようやく大きなテントを広げ始める…。2度目ながら…相変わらず手際の悪い同居人と…手伝うのか邪魔するのかちょろちょろする子供に阻まれて…設営は遅々として進まず…ようやく出来上がったころにはもう午後も半ば…。徹夜明けの私はインナーに潜り込んでしばしお昼寝…の間に…子供は水着と救命胴衣に着替えて、同居人と念願の水遊びに繰り出していったようだ…。

 今度は2ルームのリビング内にふたつも並べた蚊取り線香の煙で…私は相当燻された夢にうなされる羽目になっていた…。

 気が付くともう5時近く…日が長いからまだまだ明るいが…隣のサイトからはそろそろ夕餉のいい匂いが漂ってくる…キャンプの夜は早いのに…またしても出遅れた…。

 子供はキャンプ場に隣接する沢だけでなく、道志川まで行ってきたそうで、ともかく、ありがたく無料なシャワーに同居人と一緒に行ってもらうが…家でもそうだが…1時間以上たっても戻ってこない長風呂で…さすがに私は炊事場でバーベキューの野菜を切り…ご飯を炊いて、炭まで熾して待つが…それでもなかなか戻ってこないから…やっぱり食べ始めたのは7時過ぎになってしまった…。

 空はまだ真っ暗にはならないが…この時間帯あたりから…焚火を囲んでまったり食後の酒盛り…で、10時前には寝袋に収まり、夜が明ける前に目覚めてお散歩と言うキャンプはなかなか実現できない…。

 また大量に持ってきてしまった肉を暗くて良くわからない焼き加減のまま…半分も焼き切れないうちにお皿がいっぱいになり、リビングの蚊帳の中で味わう…。昼間の目に突っ込んでくる虫は夜はあまり活動しないようであるが…蚊帳の中にはいろいろな虫がすでに入り込んでいて…それでも刺す虫は例の蚊取り線香が効いているのか案外いないようだ…。

 急いで食事を済ませると、これも子供がこの前やり損ねた花火を急いで始める…。続いて備え付けのU字溝に、かごに詰め放題で定額の薪をくべて焚火も始める…。先日の定額使い放題より…多分普通に1泊ならお得な薪の量だが、同居人は溝方向に風を送るコツをつかむまで…なかなか点火できなかったようで…ついでにその上にバーベキューの網を載せて脂も燃やしつくし、花火も終わるともう寝る時間…。

 私は10時を過ぎてから…ようやく24時間利用可能なシャワールームでお風呂タイム…。それにしても…やはり狭い…髪まで洗って着替えた後に…背中に蛇口がぶつかって…腰のあたりがまた濡れて…その昔ひとり暮らしのアパートのユニットバスが狭くて苦労したものだが…無料で時間無制限なのはありがたいが…やはり…狭い…。

 とはいえ、評判通り、場内では管理人さんが頻繁に掃除を欠かさず、管理が行き届いていて、何よりありがたいのが炊事場に備え付けのガラス戸の冷蔵庫…。今回来る途中にコンビニで仕入れた氷は…板氷こそ翌日まで形が残ったが、かち割り氷はすぐに水になり、クーラーボックスに入りきらない野菜などもこの冷蔵庫のおかげで最後まで状態よく保存できた…。

 ただ…水道の水は夏でも冷たく…お湯も出ないから…最後は横でお湯を沸かしながら洗い物をしてバーベキューの脂汚れを落とすことになった…。

 他にも…近くの畑で採れたばかりの二十日大根をご自由にと分けていただき、子供はマヨネーズをつけてパクパク食べていたり、管理人さんのお子さんにも虫取りなどずいぶん一緒に遊んでいただき、翌日のだらだらとした撤収作業中に邪魔されなくとても助かった…。

 …で…私が寝たのはほぼ0時前…、星空は見えず、雲が漂う夜空から…ぽつぽつと雨粒が落ちてきたから…、備え付けのテーブルの上に出しっぱなしの荷物の上にはシートをかぶせてから、寝袋に潜り込む…。

 明け方は雨の音で目が覚めた…。朝も早くから明るくなるこの時期、時計を見るとまだ5時過ぎ、どうせこの日もチェックアウトは遅めで構わないという管理人さんのお言葉だったので、もうひと眠り…。

 …2度寝、3度寝を繰り返しながら…ようやく9時過ぎに寝袋を抜け出してみると…周りのサイトはとっくにご飯も終わって撤収の準備が進んでいる…。雨はもう降っていないようだし、予報でもあとはたぶん大丈夫…のはずだから…ようやく遅いご飯の支度にかかる…。

 新調したホットサンドメーカーやパンも持ってきたが…やっぱりバーベキューの残り物を一気に片付けるには…カレーなのである…。

 焼き残した野菜に、また豪華な焼き残りのお肉も足して…ご飯は前日持ってきた弁当用が半分以上残っていて、ありがたく冷蔵庫できんきんに冷えているから、小なべで簡単な蒸し器を作ってラップに包んだまま温め、やはり出来上がったのは昼前…朝ごはんには遅すぎるカレーを苦しくなるほど詰め込んでから…食事の準備の間に同居人にインナーテントと寝袋類は先に片づけてもらった広い「タープ」の下の椅子で…私はまたしばしの食休み…でうとうと…。

 結局管理人さんのお言葉に甘えて…撤収完了が6時近くになってしまった…。とっくに入れ替わったお隣のサイトからは…おいしそうな夕餉の臭いが再び漂ってくる…。

 帰り道は別のサイトも見物しつつ…あの冷蔵庫のある炊事場に近い今回利用したサイトもやはりよいのだが…一番高いあたりの眺めも素晴らしく、次はこちらもよいかも…と今更ながらにお散歩してから、来た時は通らなかった舗装道路を下っていくが…ガードレールもない道のすぐわきは断崖絶壁になっていたり…暗くなってから通るのは命がけな道を、長い日に助けられながら道志みちに出た…。

 子供と同居人が前の日に川遊びをしたという道志川沿いの道に入ってみたが…先はどんどん細くなり…引き返すところもなく…こわごわと進んでいくと…なんとか道志みちに出られて一安心…。

 帰りは同居人の運転で…またしても山道で子供に荷物が崩れ落ちるのを何度も停まって直しながら、最近定番の県道と裏道で甲州街道に出た…。

 八王子付近でまた…同居人が眠気に朦朧としだして、ひとまずお店に寄って夕飯を食べて復活したのか…と思ったら…またすぐ近くの義兄のお店に寄ると言い出し…、ちょっと顔を出すだけかと思えば…また小一時間も入り浸り…結局帰宅したのはまた日付の変わる頃になってしまった…。

 …さすがに評判通りの管理の行き届いたキャンプ場で…真夜中に騒ぐ輩にも遭遇せず、虫さえいなければ快適に過ごせたキャンプではあったが…やっぱりできれば2泊以上…もっとのんびりと…くつろぐ時間もほしいものである…。

 できれば誰もいない貸切で…楽器の練習もできればなおなんて…欲張りは騒音の元…インとアウトは相いれない…。

最近クレジットカードの現金化と換金率に興味が湧いたので、いろいろと調べてみたら結構便利なサービスなので、今重宝しています。
もっと詳しく知りたい方はホームページへ
こちら